育毛の為にシャンプーしない人も増えている

育毛の為にシャンプーしない人も増えている

最近ではシャンプーに含まれる化学物質が、頭皮にダメージを与えて薄毛に繋がることが広まってきています。中には、シャンプー自体を止めてしまった方も居るようで、ハゲとシャンプーは密接な繋がりがあるようです。シャンプーを一切止めてしまう事に抵抗がある方は、シャンプーの頻度を減らしたり、刺激のある成分が少ない育毛シャンプーを選んでみるのも良いでしょう。育毛シャンプーの中でも特におススメなのが無添加タイプです。
シャンプーをしないほうが育毛に良いと言われているのは、頭皮の皮脂と関係があります。皮脂は肌を外界刺激から守ったり、水分の蒸発を防いでうるおいを保つ働きがあります。しかし、今のシャンプーは洗浄力が強いものが多く、皮脂を過剰に取りすぎることで逆に皮脂が増えてしまうケースがあるようです。
また、皮膚には常在菌というものが存在しており、過剰に洗うことによって落ちやすくなります。常在菌は悪い菌が増えすぎないようにしている菌で、皮膚を清潔に保つためには必要なものです。シャンプーを使いすぎたり、洗浄力が強いものだと、この常在菌が洗い流されてしまいます。
頭皮の健康のために、シャンプーしよう頻度を減らす方法も有効な場合があるようです。